感情は操り人形ではない。感情と上手に付き合うコツとは?

本音で生きる存在美学コンサルタントの小暮貴恵です。
いつも読んでくれてありがとうございます♪

今日のテーマは感情は操り人形ではないです。

感情と戦っている人多いのかな?私もバリバリ戦ってました。笑
戦いすぎてたくさん失敗しました。

感情を想い通りにしようとすればするほど、感情をコントロールすればするほど、我慢している割合が増大してしまう!!という悩みにいつも悶々としてました。

youtubeでもお話しましたが、

 

感情って支配されるとか振り回されちゃうとか・・・
なんだか人生の悪役ばりにワルモノにされちゃってる。

私がもし感情そのものだったとしたら、
なんかやだ・・・って思いましたので辞めました。笑

感情ってあなたにとってどんな存在ですか?

感情を邪魔にするってことは自分自身が邪魔ってことにしています。
残念だけど、私はそうだった。邪魔になるくらいなら、感じなくていい。
そうやって自分の存在を否定している限り、苦しくなってしまいますよね。

感情があることは幸せじゃないと思って封印してきたけど、
勇気出して解放してきて感情があるからこそ幸せなんだと思えることが
ものすごーーーーーく、嬉しい♡♡♡

感情は幸せそのもの。

感情は成長のサイン。

感情は自分とのおしゃべり。

感情は財産。

感情さえも経験。

だから幸せになるためにポジティブになろうとネガティブを辞めるのではなく!

どんなにネガティブでもポジティブでもどんな感情が出てきたとしても私はそれを味わいながら幸せであることを決めたのです。

感情によって幸せが決まるのではなく、
幸せであるから感情が決まるのです。

だからネガティブでもポジティブでも、マイナスでも、プラスでも『私の中の幸せ』はゆるがないのです。

感情を想い通りにしようと操らなくても、自然に湧き上がること受け止めていくことが感情と上手に付き合うコツです。

この生きていることへの幸福感は、感情がくれた私へのギフトだと思っています♡

感情はお友だちです♡

個別コンサルティングのご案内 本音で生きる存在美学

本音で生きる存在美学
体験コンサルティングご案内

詳細はこちらから

Related Entry

『向き合う』ってどういうことですか?

年末年始の振り返りとプランニングのコツ。

向き合った感情を昇華する方法

存在美学って何ですか?

気づいていない自分に“自覚”する方法について

生きる目的とは?