感じたことをさらけ出す力〜存在感ブランディングの神髄③

存在感ブランディングプロデューサー
小暮貴恵
いつもお読み頂きありがとうございます。

苦しい理由

もし今あなたが何かに苦しいと藻掻いているのであれば、それはきっと『自分をさらけ出していない』からもしれません。さらけ出すというと感情的になるとは少し違います。感情表現が豊かであることです。本音をごまかしたり、言えなかったりすると『麻痺』して、だんだんと感覚が鈍ります。そうすると何が苦しいのか分からないからとっても辛いのです。

さらけだす力

私は、◯◯と感じています。と『勇気』を出して『さらけ出す』ことで、あなたがどんな人なのか?が相手に伝わります。私自身もよく何を考えているのか分からないと言われてきたのですが、自分でも自分のこと分かっていなかったですし、さらけ出してこなかったので、そりゃ自分で分からないなら相手も分からないよなと今となっては『さらけ出すこと』を大切にしています。泣いたり、笑ったり、怒ったり、どれも大事な感情です。

さらけ出して気がついたこと

すごく理論的なタイプで生産性を求める頭でっかちな私でしたが、本来は感受性が豊かで感性を思うがままに発揮する芸術家タイプだったんですよね。音楽や美術が大好きで、美しいものには目がありません。美しいことやものに、感動することがとてつもなく楽しいのです。だからもう理屈をこねこねするのをやめたら、案外スパッとものが進んでいきました。理屈をこねこねするのやめてみませんか?

存在感体験セッションのご案内

【限定10名】10/8 募集〆切

存在感ブランディング体験セッション
メルマガより優先申し込みの方は45000円引き

<特典付き>
あなたの計り知れない価値が湧き出る
存在感ブランディング無料メルマガレッスン

ご登録はこちらから
存在感ブランディング体験のご案内

存在感ブランディングFinal
体験セッションご案内&お申込み

詳細はこちらから

Related Entry

チューリッフ

何かと引き換えに愛されようとしていませんか?

存在感ブランディング

『なくていい』ことはたくさんある

ブランディング

起業家はブランディングは早く辞めたほうがいい。

やってはいけない3つのブランディング

よろしくお願いします

年齢コンプレックスを克服する考え方

ふてくされる女性

セミナージプシーの起業家のための存在感ブランディング