起業家はブランディングは早く辞めたほうがいい。

ブランディング

楓プレゼンス代表
存在感ブランディングプロデューサー
小暮貴恵
自己愛溢れる社会の実現

存在感ブランディング

過激なタイトルですが(笑)ブラディングは早く辞めれば辞めるほど効果が高いものになります。じゃあなんで、私はブランディングを教えているのか?それはブランディングは必要だからです。ん?あれ?矛盾してません?というツッコミがしたい方は、最後まで読んでみて下さいね。

起業家にとって大切なのはブランディングじゃない。

それよりももっと大切なことがあります。あなたの存在感を発揮できるかどうか?です。存在感とは、あなたのナチュラルな持ち味(存在そのものの価値)のこととお伝えしています。なのに、集客だの、クロージングだの、テクニックだの、戦略って!うるさいわって思います(笑)ブランド品で全身固めてモテるって勘違いしている男の子とか、外見だけしか磨かず、ブランド品もってる自分が可愛いと思ってる女の子と一緒です。ブランド品じゃらじゃらもってたらウザいんですね。本当にいい物をいいものとして活かすために「存在感」発揮していますか?演出に精一杯になって、演出に精神と体力をエネルギーをだだ漏れさせて疲れ果てちゃう浪費ブランディングにしかなりません。だから、はやくブランディング辞めて下さい。

頑張ってもブランディングにはならない。

むしろ、頑張れば頑張るほどうまくいかないのがブランディングです。なぜなら「本当の課題」はブランディングじゃないんです。あなたは今、腹の底で何を感じて、何を考えていますか?師匠やメンターが◯◯っていうからやってます!ってそれ、本当に心から納得していますか?あなたが本当に熱量を注ぐべきなのは、師匠やメンターに会わすことではなく、ブランディングを真似することでもなく、「自分自身を知る」なのです。成功者のやり方が、あなたのやり方とは限りません。正確には、気持ちが付いていっていないのに、成功者のやり方を真似できるはずがないんです。◯◯さんが言った通りにやったけど、うまくいかなかった!とうまくいかない時の言い訳づくりでしかない。起業初期の私のようにです。どれだけ頑張ってる自分を正当化して、師匠やメンターのせいにしてきたのだろうと心底反省しています。恥ずかしくてたまらないですよね。まあ、そうしたくなる気持ちもめちゃくちゃ分かります(笑)

心ここにあらずブランディングはつまらない。

ふてくされる女性

ブランディングのノウハウやマーケティングのデータを先に分析して、それを実行していくと、心が置き去りのような無価値観や無力感に苛まれます。起業初期の私が本当に苦しかったように、きっと苦しんでいる人も多いことでしょう。心ここにあらずブランディングでは、自分の言葉としての表現が産まれず、他人の言葉を一生懸命借りてばかりの表現になります。これって、楽しくないからめちゃくちゃつまらないんです。自分の内側から溢れてくる言葉を表現できる楽しみを味わえるようになったらブランディングをしようとしなくても、存在そのものや経験そのものがブランディングという「形」に成長する瞬間に出逢えるでしょう。

起業家に必要な存在感ブランディングの掟

ブランディグに大切なのはこの3つのStep。これに取りかかる前に今のブランディグをまず辞めることです。今のやり方に執着する生き方をしている限り、物事は前に進みません。大切なのは、やり方よりも在り方です。

存在感First,ブランディングAfter
①感覚優先

②感情第一
③思考(テクニック)後付け

私たちの経験そのものが結果としてブランディングで付いてくるだけです。感覚や感情を大切にすることが自分の存在や経験を受入れる術です。感覚や感情なきところに、思考やテクニックは生きることはありません。心を思考の奴隷にすることを辞めることが真のブランディングにつながる秘訣ですね。


感覚を生かし、ビジネスに命を吹き込む
存在感ブランディング

体験セッションはこちらから
存在感ブランディング体験のご案内

存在感ブランディングFinal
体験セッションご案内&お申込み

詳細はこちらから

Related Entry

フォトセッション

美信塾フォトセッション@葉山

存在感ブランディング

『なくていい』ことはたくさんある

ビジネスクラス

足りないこと・欠けていることよりも大切なこと〜存在感ブランデ...

存在感とは

存在感ブランディグとは?

存在感ブランディング

脱・浪費ブランディングに大切なこと

どん底でも大丈夫。