存在感ブランディグとは?

存在感とは

楓プレゼンス代表
存在感ブランディングプロデューサー
小暮貴恵
あなたの市場価値を10倍にする
自己愛溢れる社会の実現へ

起業塾メンバー

存在感とは?

存在感とは、多くを語らずとも人の心を惹きつけ、あなた志や生き様を発揮するあなたの魅力のことです。持ち味や空気感で選ばれる人になるために、誰でももう既にもっているものです。「いや、私にはありません!」という方もいますが、それは「無い」のではなく「発揮できていない」だけなのです。目は口ほどにものを言う、死んだ魚のような目といった有名な言葉がありますよね。人のことは話していることばよりも、雰囲気や空気感、その人の日々の生き方が存在感となって伝わります。見えない力・エネルギーとして誰もが存在感をもっています。そして、誰ひとり同じ存在感の人はいません。

起業ブランディングとは?

存在感ブランディング

ブランディングとは、価値を高めていくために必要なマーケティング戦略のひとつです。というと堅いでしょうか?つまり、イメージを通した「信頼構築」であり「あなたを選ぶ理由」に繋がります。起業家にとっては欠かせないものです。あなた自身、商品やサービスは誰のためのもので、何が得られるのか?が一目瞭然であることが望ましいですね。

なぜブランディングが必要なのか?

お客さまは迷うからです。情報がたくさんある中で、なぜあなたが自分にとって良いのか?お客さまはとことん考えます。相性でもあり、お客さまが欲しいものをもっているのかどうか?この人の元で問題は解決するのかどうか?です。至ってシンプル。お客さまを迷わせないために必要なのがブランディングなのです。起業家にとってはあなたに私のサービス必要ですよ♡というサインになりますね。ブランディングはお客さまと起業家をつなげてくれる架け橋です。

起業家と企業のブランディングの違い

友達

ここで言う起業家はフリーランス(個人事業主)です。企業は大きなお金を費用といてブランディングに投資できますが、私たち個人が多額のお金を投資するのは起業初期の方は躊躇してしまうかもれませんね。まずは、そもそも対象としているお客さま像が違うことが大きな違いになります。個人でTVCMは出せないけれど、企業はTVCMを打ちますよね。さらにたくさんのデータを調査したり、外注することで企業はブランディングしています。であるならば、個人起業家の最大のブランディングは「個人」であることであり、「身近な人の声」こそがデータとなります。私もブランディングを行うにあたり、身近な人にたくさんの「声」というデータを活用していきました。

ブランディングをしないとどうなるのか?

求めていないお客さまがきます。まったく理想としていないお客さまが来ることほど労力を割くこともありません。さらに商品・サービスとお客さまがマッチしていない可能性があるので、お客さまの成果につながらず、口コミも広がりませんね。自分を守るためでもあり、お客さまとより良い関係を築いていくためにもブランディングは重要です。求めていないお客さまが来るだけではなく、必要としているお客さまにも届かない可能性もあるので結果として「機会損失」を招く恐れがあるのです。

 

存在感ブランディング
体験コンサルティングのご案内

あなたの市場価値を10倍にする
存在感ブランディング体験コンサル
詳細はこちらから↓
あなたの市場価値を10倍にする存在感ブランディング

存在感ブランディング✾︎存在感体験コンサル✾︎
9月〜3月枠 満員御礼

✾︎プレゼンスプロデュース企画✾︎
プロフィール撮影会
3月枠 満員御礼
4月枠 受付中
※メッセージにて詳細送ります

✾︎SNS存在感1dayセミナー✾︎
11月・12月枠 満員御礼

 

存在感ブランディング体験のご案内

起業家のための心が喜ぶ成功の秘訣
存在感ブランディング体験コンサル
在り方×戦略の磨き方《 FirstStep 》

詳細はこちらから

存在感ブランディング

Related Entry

存在感ブランディング7つのStep

起業家に必要な存在感ブランディング7つのStep

存在感ブランディグ

正しさに惑わされない存在感ブランディング

講師に必要なブランディング力

講師・コンサルタントに必要な存在感ブランディング

存在感ブランディング

ブランディングを気にしすぎると売れない起業家になる

やってはいけない3つのブランディング

タイムマネジメントはハートマネジメント