もしも、◯◯だったらいいなと思うこと

手をつなぐ

今日のテーマは『もしも、◯◯だったらいいなと思うこと』です。◯◯には何が入りますでしょうか?ここに入る言葉は、何でも良いのです。クライアントさんと話していると「どうなりたいのか分からない」と悩む方がたくさんいます。でも・・・話していると「もし、◯◯だったら・・・」と「なりたい姿」をちゃんと持っているのです。相手の求めるものを引き出すために必要なのは存在感です。

“もしも◯◯なら〜”に心が隠れている

お姉さん

もしも、◯◯ならこうしたい!それがあなたのこうなりたいという姿です。なりたいと思っていないことはそもそもイメージしませんよね。私もこうだったらいいのになーなんてめちゃくちゃ妄想するのですが(笑)だいたいそうイメージした姿って自分が望んでいることなんですよね。それは仕事でも、プライベートでも同じです。彼との関係がもし、◯◯ならもっと幸せになれるとか。もし上司との関係が、◯◯なら仕事で売上が変わりそうとか。この質問の使い道はたくさんあります!

もしも、◯◯なら〜を活用する方法

地図を見る

将来、どうなりたいか?の質問が重い場合にとても有効的です。よく、クライアントさんで「夢や目的を聞かれて嫌な想いをした」と言われる方がたくさんいること。ないの分かってるのに聞かれても、詰められてるようにしか感じないですものね。そんな時にとても有効なのです。もし、◯◯だったら?と聞くことのほうが、ニュアンス的に軽いです。こちらの聞き方に変えて、この人、こんなにやりたいことあるのか!笑 とこちらが驚くことのほうが多いです。たったひとつ聞き方を変えるだけで相手の心に寄り添うことができますね。

もし、宝くじがあたったら、どうする?

お金

一見、どうでも良さそうなこの質問が意外と重要。盛り上がりますし、夢って何って聞かれるより、非現実的なので破天荒でその人の条件にしばられることなく「自由な発想」が生み出されやすいです。ここから、掘り下げていくのもやりたいことを見つけるために必要なことなんですよね。何より、相手の心にも、自分の心にもフランクに入ることができるとても効果的な質問です。

質問はひとつ間違えれば凶器になる

聞き方をひとつ間違えると、相手は「詰められた」「責められた」と感じることが多くなります。そこで必要なのは、「存在感」です。存在感を身に纏えば、重くならない。相手が詰められたと感じない聴き方、寄り添い方をレッスンではお伝えしています。日本語の本来の価値から、言葉の選び方を変える。ニュアンスって日本人ならではの強みだったりもします。たった1文字、変えるだけでもその人の心に響く、存在感のレッスンは下記よりお申し込みくださいね!

体験セッション
\限定5名枠&1週間限定/
話さなくても、
0.1秒で選ばれ続ける人になる
「存在感」体験セッション
美信塾Information

存在感ブランディング
体験コンサルティングのご案内

《感覚》を取り戻し《ロジック》に命を吹き込む
話さなくても0.1秒で、
あなたの市場価値を10倍にする

存在感ブランディング体験コンサル

詳細はこちらから

存在感ブランディング✾︎存在感体験コンサル✾︎
9月〜3月枠 満員御礼
新春キャンペーン企画中

✾︎プレゼンスプロデュース企画✾︎
プロフィール撮影会
3-4月枠 満員御礼
5月27日受付中

お申し込みはこちら

プロフィール撮影会
✾︎SNS存在感1dayセミナー✾︎

SNS食わず嫌い解消セミナー
SNSの不安を3時間で解消!
起業初期のあなたのための3つのステップ

お申し込みはこちら

11月・12月枠 満員御礼

Related Entry

空とハート

存在感を身に纏うために必要な3つのレール

小暮貴恵

10年先の目標を『今』実現するマインドの掟

パソコンしている女性

存在感とは◯◯力から発揮されるもの

握手

不安と恐怖はお友達

頭を抱えている女性

ヒーローには救えない「一人」がいる

ハートを持った女性

本当に大事なことは“めんどくさい”