分かっているけど…が口癖の人の傾向と対策

分かっているけど…

楓プレゼンス代表・ビジネスとプライベートの両想いを現実にする美信プロデューサー小暮貴恵(こぐれきえ)です。今日のテーマは『分かっているけど・・・が口癖の人の傾向と対策』です。コンサルを受けているとすごく多いです。

分かっているけどって!分かっていないじゃん!と心の内で反発していたことは、ここだけの話しです。この当時の私はとても器が小さいです。分かっているけどという言葉にどれほどの想いが詰め込まれているのか?を考えていなかったので、当然コンサルもうまくいきませんよね。

変わるために行動したいというサイン

一歩踏み出す

分かっているけどにはたくさんのその人の人生の背景が隠されています。変わるために行動したいという強い想いから出ている言葉です。昔の私の口癖でもあります。だいたい、分かっているけど・・・の裏側にはそれを行動にするのに『恐怖』『不安』『嫌だ』『めんどくさい』という感情が眠っているのです。さらに本人はそれを『指摘』されることを拒否している時のサインでもありますね。つまり、行動をしたいという想いがなければこの言葉は出てきません。そもそも、マイナスな感情の裏側にはプラスにしたいけどという葛藤が生じるものです。これがない人は『無関心』なので分かっているけどではなく、右から左に話を流して、『けど』と反論はしませんね。

分かっているけどの種類は多様

  • 意見に同意はするけど行動には移したくないですという時
  • 単純に了解しましたという意味だけの時
  • とりあえず言いやすいからなんとなく使う時
  • やりたいけどやると宣言するのが怖い時
  • 言葉は理解したけど、心では納得してませんという時
  • 指摘されることを恐れている時
  • できなかったらどうしようと考えている時
  • 相手に踏み込む勇気がない時

つまり、怖いから不安だから、行動に移したいのに移せないから、指摘されてたくありませんという自己開示だと私は思っています。見えない結果を行動する前からできないとイメージしているだけです。ではどのように対応したらいいのでしょうか?

ただ背中を押して欲しいだけ

ハンドアップ

結論は簡単です。話しを最後まで聞ききって、背中を押してあげましょう。そうすれば、いつの間にか決断しちゃってます。分かっているけどは分かってない!ではなくて、ちゃんと分かっているのです。そこを認めていくのです。恐怖や不安が『けど』と自分を守る盾にしちゃってるんですよね。そうすれば、聞いているこちら側も気持ちはとっても楽ですよ。むしろ、可能性に溢れた人であると私は解釈しています。だれも否定する人の側に痛いとは思わないのです。新しい価値観を提供して、背中を押してくれる存在を待っているだけですね。

具体的な改善策の提案は最後に

握手

決して、話を途中で終わってはいけません。大切なのは、しっかりとリアクションしながらその人の立場と私の視点をもって話を聞くことです。その延長線上に、相手は本音をこの人になら伝えても大丈夫!と信頼が生まれて次のステップの『YES』に自然と繋がります。自分の意見を押し付けるのではなく、改善策を目の前の人へのメッセージに変えていくことです。

存在感ブランディング体験のご案内

起業家のための心が喜ぶ成功の秘訣
存在感ブランディング体験コンサル
在り方×戦略の磨き方《 FirstStep 》

詳細はこちらから

存在感ブランディング

Related Entry

小暮貴恵

自己評価と他者評価のギャップ

モヤモヤを悪者扱いしていませんか?

セミナー&セッション情報 Produce by 楓プレゼンス

ハートを持った女性

本当に大事なことは“めんどくさい”

よろしくお願いします

年齢コンプレックスを克服する考え方

存在感ブランディング

私が命をかけて伝えたい想い