10年先の目標を『今』実現するマインドの掟

小暮貴恵

楓プレゼンス代表・ビジネスとプライベートの両想いを現実にする美信プロデューサー小小暮貴恵(こぐれきえ)です。今日のテーマは『10年先の目標を実現するマインドの掟』です。

そんな都合のいいことある!?って思ったそこのあなた。4年の前の私と同じです。当時、私も自分の夢は実現するとすれば、10年後かな??なんて思っていました。

10年も経たずして叶ってしまったんです。なぜ叶えることができたのか?それは私自身の『マインド』のシフトをしたからです。マインドは常に揺れ動くものです。だからこそ私たちはこの『マインド』に支配され、悩み苦しみもがく。マインドは自分にとっての無意識の正しさになってしまうからなんですよね。成功できないかもというマインドが正しさになると成功への道は遠くなります。

そんなマインドがガチガチで冷凍保存されていた私でもゆるく柔らかく自然解凍していけたマインドの掟を解説しますね。

本当に望むことを『欲しい』と認める本音マインド

考える女性

電子レンジで強制解凍させたマインドではうまくいきません。それはなぜでしょうか?人は強制的に誰かにコントロールされることを嫌います。ゆえに、正しさというものが邪魔になるんですよね。納得していないことを行動に移せないのです。

あくまでも自然体がベスト。じゃあ自然体って何よ!?って話ですね。自然体とは自分の本当に望むことを『欲しい』と認める本音マインドです。自分の頭や心の会話なんって、ぶっちゃけ誰も聞いていない。だったら何を望んでもどんな本音があってもいいと思いませんか?自分と本音で語れない人は、人間関係も仕事も表面的で終わってしまいます。

 

本音マインドが必要な理由

ノート

この本音があるかないかで10年後に何を何のためになぜ叶えたいのかが明確になります。是非、あなたの本音マインドを紙いっぱいに書き留めて下さい。そこで気をつけて欲しいのは決して本音がでないからといって焦らないことです。ゆっくり時間をかけて本音を掘り起こして下さい。決して、目先の結果に揺るがされることなく黙々と向き合うのです。

人は本音で望むことしか実現することができないのです。ナポレオン・ヒルの書籍でも有名な言葉ですが、『思考は現実化する』という言葉。まさにこの一言ですね。本気で叶えたいことだけが実現する。だから本音がまず最初に必要になります。

やる本当に決めた瞬間に『今』叶えることができる

一歩踏み出す

なぜでしょうか?やると本当に決めた瞬間に2つのマインドが前程になります。

⑴成功するまでやり続けるから
⑵成功することを前程に行動を行うから

そうすると不思議と生き方が前向き明るくなっていきます。愛と信念がつき動き、自然と行動に足が動いていく。不安や恐怖さえも、可愛いものだと感じるようになります。

 

私だって今でも新しい挑戦にはビビリますし、不安と恐怖が遊びにきちゃうんですよね。そんな時は、どうぞいらっしゃいとお出迎えし、成功に向かいましょうと不安や恐怖も成功の道へ一緒に歩いてもらうパートナーにしていきます。これが、10年先の目標を『今』叶えるマインドの掟です。

存在感ブランディング体験のご案内

存在感ブランディングFinal
体験セッションご案内&お申込み

詳細はこちらから

Related Entry

パソコンしている女性

存在感とは◯◯力から発揮されるもの

空とハート

存在感を身に纏うために必要な3つのレール

握手

不安と恐怖はお友達

頭を抱えている女性

ヒーローには救えない「一人」がいる

決めた人は強い3つの理由

小暮きえ

存在感って何ですか?